生のフルーツ、食べますか?

若干潔癖症気味の大学生が旅行します

キューバ 二日目後半 夜のハバナ、バーでぼったくられる話

バラデロからハバナまでバスで3時間強、ようやくハバナに着きました。

 

運転手がセントロハバナと叫んだ所で降ります。ハバナのバス停はてっきりもっと西側のViazulのターミナルしかないと思っていたからラッキー。

 

この辺

f:id:pyonpyonkun:20180523060400p:plain

(地図を見て知りましたが、ここには支倉常長銅像もありました)

 

降りたらタクシーの客引きがすごいです。最初に本人曰く国から発行されたタクシー免許のようなものを見せられて、どこへ向かってるのか聞いてきます。乗っても問題なさそうだったけど、歩く気満々だったので荷物を持ってホステル目指して歩きます。

 

携帯にダウンロードしたグーグルマップを頼りに歩くこと30分、目指してた通りに着きました。

ただすべての建物に番号が書いてるわけじゃないのでわかりづらい…最初に間違ってレストランに入ってしまいました(笑)

そのレストランで道を教えてもらい、また歩くこと3分、ようやく目的のホステルに到着しました。

 

このホステルは事前にホステルワールドで一泊だけ予約していました。

 

f:id:pyonpyonkun:20180804150009j:plain

ホステルからの眺め

 

そのあとは適当に街をぶらぶらしたり、知らないおじさんに「ハポネス(日本人)!」と叫ばれ仲良くなって夕飯をごちそうになったりしました。

ホステルで知り合ったアメリカ人の子と今度は夜のハバナへ。その子はスペイン語が話せるので、幸か不幸か現地のめちゃくちゃ絡んでくる人との会話も弾みました。そのうちの一人のおっさんの案内で怪しげな路地裏のバーへ…

おっさんが勝手に三人分の飲み物を注文し始めて、店にいた現地の女の子は体をすり寄せて来たりと色々危ない匂いが。ただそこで飲んだラムコークは最高においしかったです。

3ラウンドくらい飲んだ後お会計。なんと50ペソ。財布を開くとなんと3ペソ。アメリカ人の子に全部払ってもらいました。本当に申し訳ない。

バーを出た後もおっさんは着いてきて、今度は露店の小さな小さなピザをおごってくれました(といっても20円とか)。

 

結局おっさんとバーはグルだったのか、それともただ単に観光客を相手にしゃべる陽気な人だったのか、わからずじまいです。

キューバ 二日目前半 バラデロからハバナ ホステルへ

朝は7時半と我ながら早起き。バスターミナルに行ってハバナ行きのチケットを買うためです。

昨日は着いたのが日没後だったので気づかなかったけど、カーテンを開けると

f:id:pyonpyonkun:20180310111918j:plain

トロピカル!Viva Cuba!

 

朝食もビュッフェスタイル。ヨーグルトがむちゃくちゃおいしかったです。

ホテルからViazulのバスターミナルまでは歩いて5分ほど。

f:id:pyonpyonkun:20180310112852p:plain

Omnibusと書いてありますが、Viazulも同じ建物の中です。

 

開店と同時に窓口に行って今日14時発のハバナ行きについて尋ねると、紙に名前を書かされ、発車30分前に戻って来いとのこと。支払いもせずチケットももらえず、少し不安に。

ちなみにハバナ行きは一日三本出ています。

 

他にやることもないので、ホテルに戻り、無料のカクテルを楽しんでチェックアウト。チェックアウト後のお昼ご飯も無料とのこと。なんて良心的!荷物も預けられ、至れり尽くせりです。

その後はバラデロといえば!の海。キューバでも屈指のリゾート地だけあって、ものすごく綺麗でした。

f:id:pyonpyonkun:20180310113447j:plain

ホテルのモヒート。強いけどおいしい。もちろん無料。

 

 

f:id:pyonpyonkun:20180804145458j:plain

海もきれい。朝早かったからほとんど人はいなかった。

 

ホテルに戻って昼食を済ませ、再びバスターミナルに向かいます。

Viazulの受付に行くと20人ほどの行列が。みんな当日券を買いに来たのかなー

 

名前と行先を伝えると、今朝書いた紙をチェックされ、無事発券してもらえました。10CUC。

 

バスは中国製。空調も効いてて、乗り心地は日本の高速バスと変わりません。

 

いざ、ハバナへ!

キューバ 一日目 バラデロ到着

モントリオールから3時間半、着きました、バラデロ空港!滑走路に着陸した瞬間のカナダ人の拍手は忘れられません。

 

キューバ入国の際に必要になるツーリストカードですが、エアカナダだと機内で配布されます。ただ、書く内容を間違えてもう一枚必要になった場合は空港で購入しなければならないとのこと。そのほかにもう一枚、税関申告書を書きます。

f:id:pyonpyonkun:20180310102525j:plainツーリストカード(上)と税関申告書(下)

 

空港はこじんまりしていたけど、到着したカナダ人と飛行機待ちのカナダ人でいっぱい。税関のお姉さんは制服の上にがっつりスヌーピーのパーカーを着ていました。

 

パスポートにスタンプをもらい、X線の荷物検査を経ていざ外へ!真っ暗です(午後八時半)。お金がないことにはどうしようもないので、空港の出口の真横にある両替所へ。レート表も何もないのでカナダドルのレートを聞いて240カナダドルを渡しました。ところが返ってきたのがたったの98CUC。え??

 

レシートをくれというとクレジットカードだけにしかレシートを出さないとのこと(絶対嘘やん)。

 

なんでその時ちゃんと言わなかったのかものすごく後悔しました。算数もできないなんて…結局一万円分も騙されたと確実に気付いたのはタクシーの中でした(泣)

 

レート悪すぎだろとか思いながらホテルへのシャトル(予約していない)を探していると

「バウチャーはあるの?」と聞かれ、ないと答えたら鼻で笑われ、「じゃあ乗せられないよ、タクシーで行きな」と返されました...家に置いてきたとでもいえばよかった。

 

タクシーは交渉の結果25CUC。普通の黄色い塗装の車でした。ホテルまで20分ほど。道中車がほとんどなくめちゃくちゃ飛ばすのでスピードメーターを見てみると、

 

 

はい、壊れてました。

 

ホテルはバラデロの細長い半島のかなり手前側のMar del Sur。チェックインを済ませるとおじちゃんが部屋まで案内してくれました。部屋番号は書いていないのでおじちゃんの説明をよく聞いておかないと迷子になりそうです。夕飯はいつまでか聞くと9時半までとのこと。その時すでに9時10分。荷物を部屋において急いでホテルのレストランへ向かうと、快く入れてくれました。ビュッフェ形式で、お肉やパン、豆のスープなどいかにもラテンな食べ物が。味は普通。

 

f:id:pyonpyonkun:20180310110301j:plain

 

f:id:pyonpyonkun:20180310111210j:plain

一人なのにベッドは二つ。冷房もよく効きます。この部屋で食べ放題飲み放題が一泊$36USDなら何でも許せる!枕だけ、とにかく薄かったです。

 

洗面所もかなり清潔だったし、騒音も気にならず。一人で貧乏贅沢を味わうならここです。予約は https://www.bestcuba.tours/ でしました。支払いはオンラインです。

 

明日は海を見てハバナまでのバスをがんばって捕まえます。

キューバ 計画編

アメリカとの関係が悪いため、アメリカ人がなかなか入れない国キューバ。なのでカナダからの観光客が多数を占めています。

 

航空券は色々リサーチした結果、行きはエアカナダ、帰りはエアトランザット(Air Transat)が最安値だったのでそれで行くことに。

 

行程(三月上旬):

日曜日 モントリオール発 バラデロ着 エアカナダ

月曜日 バラデロ観光、バラデロからバスでハバナ

火曜日 ハバナ観光

水曜日 ハバナ観光

木曜日 ハバナ発 モントリオール着 エアトランザット

 

四泊五日の日程。行きと帰りで空港も航空会社も違いますが、特に問題もなさそうだったので購入。往復で520カナダドル(約43,000円)でした。

 

エアトランザットはモントリオール拠点のLCCで、冬はキューバなどの南の島、夏はヨーロッパへの飛行機を飛ばしています。

 

例にもよってぎりぎりになって旅行の準備を立て始めて、最初にバラデロ-ハバナ間のバスチケットを買おうとしたら、一週間前に予約を打ち切ってたようでチケットを買えず…本来ならViazulというキューバのバス会社のウェブサイトから購入する予定でした。現地で何とかなるだろうと思いとりあえず放置。

 

初めてのラテンアメリカ、最初の宿泊は予約しておきたかったので、いろいろ他の旅人たちのブログを見ているとなんとオールインクルーシブで4000円のホテルが!すぐさま予約して、コメント欄に「空港からの送迎を希望」と書いてみました。もちろん返事はなく、結局タクシーを使う羽目になりますが…笑

 

現地の宿泊状況が全く分からいので、ハバナ一日目もCasaを事前にネットで予約。一泊$13(アメリカドル)でした。ハバナの残り2日はネットで見た日本人宿に泊まろうと思い、事前に何もせず。ちょっと不安でしたが最悪ホテルに泊まる覚悟で出発しました。

 

結局、かなりあいまいなままキューバへ発ちました。結論を言うと、それでよかった!ある程度フレキシブルなスケジュールを持っていた方が余裕をもって楽しめます。特にキューバでは。 

 

上海 帰国編 上海色々

 

交通の便

地下鉄は10数本通っていて、市内であれば地下鉄を乗り継いでどこへでも行けます。空港からの案内もとても分かりやすく、初めての上海でしたが迷うことなく乗り継げました。ただし券売機は100元札を受け付けないので注意(機械によってはコインのみのもあり)。市街地へ出るには8元もあれば十分です。

空港からリニアも走っているようですが、値段は当然高いし、走行距離も短いので市街地へ出るには結局地下鉄を使うことになります。経験としてはいいかも?

 

僕が下りた地下鉄の駅はすべてホームドアがあり、車内放送はイギリス英語?の自動放送もあったので不便はなかったです。ただ駅名の表示は少しややこしいと感じました。基本的にはピンインで翻訳されていますが、英語にできるところはすべて英語にしているようでした。例えば、

南京東路 → East Nanjing road

人民広場 → People's square

世紀大道 → Century Avenue

となっていて、日本人からしてみればピンインのほうが若干わかりやすかったのにということも多々ありました。覚えてしまえば何でもないんですけど。

 

ちなみに改札を通る前にX線で荷物検査を行うよう警察に促されますが、小さい荷物程度でしたらX線に通さなくても何も言われません。手で道をふさいできますが、堂々と歩けばすぐに通してくれます。あとはカバンを開けて中身を見せながら通る方法もあります。大きい荷物(スーツケース等)を持っている場合は検査に通した方が無難です。

 

 

トイレ

驚きました。8年ほど前に香港へ行ったときはとにかく汚い印象しかなかったのですが、今回使ったトイレはどれもビューティフル。中国のトイレは汚いと有名になりすぎて、政府が力を入れ始めたそうです。トイレに限らず、モールの入り口や駅には常に清掃員がいたような気がします。雇用も増えて一石二鳥だと友人は言っておりました。

ただどのトイレも個室は紙がないので、ティッシュを持ち歩く必要があります。さらに、便器の横にゴミ箱がおいてあったら使った紙はそこへ捨てろとのサインだそうです。僕の泊まったホステルでもその表記がありました。上海の下水管は細いためすぐ詰まってしまうそうです。

このことを生まれも育ちも上海の友人に話したところ「なんだそれ」と一蹴されました。どうやら彼は今まで使った紙を捨てたことがなく全部流していたそうです。なので最近は上海内でもそういう場所が増えているのかも。あるいはただ単に彼が世間知らずだったか(笑)

 

 

 

ユースホステル

 今回は初めてユースホステルを利用しました。Hostel Worldというウェブサイトで見つけた四泊5000円のところです。

結論から言うと、寝るスペースさえ確保できればいいならお勧め、でも僕はやっぱり個室がいい。

受付は24時間、スタッフも英語をある程度理解でき、ロッカーもあり、バスタオルは20元(300円)で売っていてとても良心的な所でした。部屋は八人部屋のドミトリースタイル。ここまではよかったのですが

隣の人が臭い

シャワーを浴びないのか何なのか知らないけど、彼がベッドに上がるたびに生乾きのタオルを1週間放置したようなにおいがしてきました。靴もひどい匂いだったのでおそらく足からでしょう。枕の場所を反対にしたりしましたがにおいだけはどうしようもなく、結局4日間夜はこの悪臭に耐えながら寝ていました。周りの人は何とも思わなかったのかな。

あと夜中にいきなり携帯でお構いなしに話し出す人もいて、寝るだけとはいえかなりイライラしてました。

なので、寝付くのに時間がかかる人や違う環境に慣れにくい人は絶対に個室をお勧めします(同じホステルに個室タイプもありました)。

立地やサービスが申し分なかっただけに残念ですが、においだけはどうしようもないので仕方なかったかなと思います。

騒音はほとんど気にならなかったです。

 

 

今度行くとしたら

総じて、初めての中国本土への旅はとても楽しかったですがやり残したこともあるのでいつか再チャレンジしたいと思います。

  • 夏の風物詩、ザリガニを頂く
  • 浦東-外灘をつなぐ地下カプセルに乗車
  • 浦東の高いタワーに登る
  • 上海の自然を楽しむ

 

上海 五日目 火鍋と帰国

<この日の行程>

  • 火鍋
  • パチモン市場でお土産購入
  • 帰国の途へ

 

 上海最終日。飛行機は19時半浦東空港発なので余裕があります。

この日は友人とお昼に会うため、午前中は再びホステルから徒歩圏内の外灘へ。ベンチに座りボーっとしていると若い中国人三人組に声をかけられました。何言っているかはさっぱりわかりませんでしたが、カメラをほぼ押し付ける形で手渡してきたのでおそらく写真を撮ってほしいということなのでしょう。

カメラを向けて、「Three, two, one」と英語でカウントダウンしたらものすごくきょとんとしてました。本当に僕を中国人だと思い込んでたみたいです。すばらしいショットが完成。

 

そのあとは再び友達と合流。火鍋を食べました。注文は上海出身の友達に丸投げ。まあよくやってくれました。

f:id:pyonpyonkun:20170721204409j:plain

謎の熊。

 

f:id:pyonpyonkun:20170721204507j:plain

肉を注文したらドレスで来ました。

 

色々な材料で自分のソースを作っていただきます。火鍋の時は白い服を着ていかない事。汚れます。それと食べるだけで2-3時間はかかりました。なので余裕をもって食べましょう。

 

その後は消化もかねて一日目に行ったパチモン市へ。時間は限られていましたが今回は欲しいものを決めていったので効率よく値切ることができました。僕のお気に入りの場所です。

帰りは午後七時半の飛行機なので浦東空港には五時ころ着くようにしました。行きと同じ春秋航空です。

羽田とは違いカウンターはほとんど並んでいませんでした。カウンターは英語で対応。日本人もちらほら。

荷物検査の時に「傘、ナイ?」と日本語で荷物を指しながら聞かれました。この辺は日本人にも慣れているようです。

 

浦東空港に着いたときと同じく、ターミナルから直接飛行機には乗れず、バスで飛行機があるところまで移動しました。なのでゲートは空港の地上階。

 

f:id:pyonpyonkun:20170721210404j:plain

窓の外には車が見えます。バスターミナルの待合室の雰囲気。

 

f:id:pyonpyonkun:20170721210533j:plain

ここから飛行機へ。

 

羽田には22時に着きました。途中機内で隣の女の子が五回ぐらいげろげろしてたけど大丈夫かな。

 

23時前には無事帰宅。上海楽しかったー!

 

上海 四日目 杭州

<この日の行程>

 

この日は中国人の間でハネムーン先として有名らしい杭州へ。上海虹橋火車駅から杭州東駅までちょうど一時間ほど。外国人は本来窓口で直接パスポートを見せないと切符を買えないのですが、中国国内に友達がいればオンラインで自分の分も買ってもらうことができます。なので今回は友達に頼んであらかじめ往復分買っていただきました。

確か往復で160元(2600円)程。圧倒的な安さ。

f:id:pyonpyonkun:20170714123305j:plain

広大な上海虹橋駅。荷物は空港のように検査に通します。

改札の構造上自分の電車のホームにしか降りられないようになっているので、売店やレストランはすべて上の写真の空間にあります。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714123645j:plain

車内は日本の新幹線と大差ない。

 

杭州東駅へ着いたらタクシーで杭州最大の観光地、西湖へ。タクシー乗り場に15分並んで、そこからまた15分ほどで到着。30元(480円)でした。道中上海出身の友人が運転手とずっと話していたのですが、あとから聞いてみると「方言が強くて半分くらいわからなった」と。上海から一時間なのにそんなに違うんですかね。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714124951j:plain

西湖。モノクロにしたら水墨画になりそうな風景。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714125218j:plain

遊覧船がいい感じ。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716001816j:plain

 お昼を近くの店で済ませ、さっき見た船に乗って湖の中ほどにある島に行くことにしました。

 

西湖十景の一つ、三漂印月を形成するこの島は田の字型になっていて、島から見える三基の石灯ろうは中国の一元札の絵柄にもなっているそうです。僕が旅行中に目にした一元は全部コインでしたが。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716003112j:plain

「田」の中の部分は池のようになっています。

 

西湖を後にし、河坊街と呼ばれる文化街エリアに向かいます。一本で行けるバスがあるはずなのですが、バス停が見つからず、諦めてタクシーで行くことに。

ただこのタクシーを呼ぶのにとてつもなく苦労しました。タクシー需要があるためか、見つけても人を乗せていたり、「ここじゃ止められないからあそこの交差点で」と窓越しに言われ、交差点に向かうと素通りされたり散々でした。

極めつけは自分たちが呼び止めたタクシーに他人が乗車したこと。これには笑うしかありません。

やっとのことでタクシーを呼び止め、10分ほどで河坊街に到着。この辺りは再開発された場所だそうで、整備された歴史のある町、という感じ。

f:id:pyonpyonkun:20170716003357j:plain

両脇にお土産屋さんがずらり。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716003806j:plain

少し大通りを外れるとこんなおしゃれな壁面アートも。

 

お土産を買ったりぶらぶらしたりしていたら帰りの電車の時間になったので、再び杭州東駅へ。河坊街からは地下鉄で行けます。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716004213j:plain

広大な杭州東駅。

 

上海についたのが8時半過ぎで、レストランが閉まり始めていたのでKFCで遅めの夕飯。中国オリジナルの北京ダック風の味付けの何かを食べました。おいしかったです。

 

明日は最終日。ゆっくりのんびりしていきます。