生のフルーツ、食べますか?

若干潔癖症気味の大学生が旅行します

キューバ 三日目 市内散策、ホアキナの家

この日はカナダドルキューバペソ両替のためまず銀行へ。ホステルでグーグルマップに大体の場所を教えてもらい向かいます。

 

f:id:pyonpyonkun:20181110050114p:plain

多分これ。

 

銀行に着いたはいいものの、入り方がわからない…入口らしきとこにはいかつい警備員の人がいるし…

とか思いながら近づくと案の定そこで止まれと言われました。

どうやら中に入れる人数をコントロールしてるみたいで、三分後ぐらいに通されました。

中に入って他の人が座っているところに自分も腰を掛けると、おばさんが何か言ってきました。わからない。どうやら整理券の代わりに自分の後の人に順番を知らせるようだ。次に人来たらなんていえばいいんだろうと悩んでいると次の人登場。周りにいた人が僕がスペイン語を話せないのを察して行ってくれました。グラシアス。

多分国立の銀行でした。両替だけなのにパスポートの提示を求められ、今のホステルの住所も聞かれました。手元に用意しておくように。

 f:id:pyonpyonkun:20181110052115j:plain

めちゃくちゃおいしかった梨ジュース。

 

お金を持ったところで、次のホステルに向かいます。ホアキナの宿!事前に他の人のブログで日本人に人気のあるカサというのは知っていましたが、この日午前中から行動したわけは、ホアキナの宿は事前に予約できないから。当日直接行って空きがなければ他をあたる必要があります。

宿に到着。ドアベルを鳴らして鍵を投げてもらいます。

ホアキナさん登場。日本語は話さず、英語もあまり通じてないみたいでしたが残り二泊分はとりあえず確保。よかった。ここでもう一人の日本人学生と知り合いました。旅は道連れ世は情け。そのあと一緒に旧市街を回ったり駅をみたりしました。

駅を見たときにwi-fiカードを売っている場所があったので寄りました。一人しか並んでいなかったのでお勧めです。値段は通常の一ペソ。これに書いてあるパスワードとログインIDを使って公共のwi-fiにアクセスします。

夕方、キューバに来て初めてネットに接続しました。溜まってた通知がずらり。

メッセンジャーを開いて同じ時期にキューバに来てるはずの大学の友達に連絡を取ろうとすると、向こうもオンラインのサインが!慌ててメッセージを送ると返信が来て、30分後に会おうという話になりました。

 

友だちと落ち合って、そのままロシアンバーに。ロシアの共産主義デザインが施されてて面白かったです。