旅行とカメラと海外生活

学生という特権を使ってふらっと旅行します。時には親のすねもかじります(ごめんなさい)。

上海 四日目 杭州

<この日の行程>

 

この日は中国人の間でハネムーン先として有名らしい杭州へ。上海虹橋火車駅から杭州東駅までちょうど一時間ほど。外国人は本来窓口で直接パスポートを見せないと切符を買えないのですが、中国国内に友達がいればオンラインで自分の分も買ってもらうことができます。なので今回は友達に頼んであらかじめ往復分買っていただきました。

確か往復で160元(2600円)程。圧倒的な安さ。

f:id:pyonpyonkun:20170714123305j:plain

広大な上海虹橋駅。荷物は空港のように検査に通します。

改札の構造上自分の電車のホームにしか降りられないようになっているので、売店やレストランはすべて上の写真の空間にあります。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714123645j:plain

車内は日本の新幹線と大差ない。

 

杭州東駅へ着いたらタクシーで杭州最大の観光地、西湖へ。タクシー乗り場に15分並んで、そこからまた15分ほどで到着。30元(480円)でした。道中上海出身の友人が運転手とずっと話していたのですが、あとから聞いてみると「方言が強くて半分くらいわからなった」と。上海から一時間なのにそんなに違うんですかね。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714124951j:plain

西湖。モノクロにしたら水墨画になりそうな風景。

 

f:id:pyonpyonkun:20170714125218j:plain

遊覧船がいい感じ。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716001816j:plain

 お昼を近くの店で済ませ、さっき見た船に乗って湖の中ほどにある島に行くことにしました。

 

西湖十景の一つ、三漂印月を形成するこの島は田の字型になっていて、島から見える三基の石灯ろうは中国の一元札の絵柄にもなっているそうです。僕が旅行中に目にした一元は全部コインでしたが。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716003112j:plain

「田」の中の部分は池のようになっています。

 

西湖を後にし、河坊街と呼ばれる文化街エリアに向かいます。一本で行けるバスがあるはずなのですが、バス停が見つからず、諦めてタクシーで行くことに。

ただこのタクシーを呼ぶのにとてつもなく苦労しました。タクシー需要があるためか、見つけても人を乗せていたり、「ここじゃ止められないからあそこの交差点で」と窓越しに言われ、交差点に向かうと素通りされたり散々でした。

極めつけは自分たちが呼び止めたタクシーに他人が乗車したこと。これには笑うしかありません。

やっとのことでタクシーを呼び止め、10分ほどで河坊街に到着。この辺りは再開発された場所だそうで、整備された歴史のある町、という感じ。

f:id:pyonpyonkun:20170716003357j:plain

両脇にお土産屋さんがずらり。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716003806j:plain

少し大通りを外れるとこんなおしゃれな壁面アートも。

 

お土産を買ったりぶらぶらしたりしていたら帰りの電車の時間になったので、再び杭州東駅へ。河坊街からは地下鉄で行けます。

 

f:id:pyonpyonkun:20170716004213j:plain

広大な杭州東駅。

 

上海についたのが8時半過ぎで、レストランが閉まり始めていたのでKFCで遅めの夕飯。中国オリジナルの北京ダック風の味付けの何かを食べました。おいしかったです。

 

明日は最終日。ゆっくりのんびりしていきます。